お酒の買取査定で評価対象になる熟成年数

ブランデーやウイスキーなどのお酒は、同じ銘柄でも熟成期間が長いほど等級が上がります。そのため熟成年数の長いお酒であれば、買取査定の額も高値が付きます。熟成に時間をかけた分だけ味のクオリティが上がり、商品価値が優れています。

ただし気になるのは、購入してから何十年も保存したままのお酒です。お酒は、アルコール度数が高いものであれば長期間の保存が可能です。保管状況にもよるものの、たとえ何十年も前に購入して保管したままのお酒でも、買取業者に査定してもらい良い値段で買い取ってくれる場合が多いです。

ただし、自宅で何十年もお酒を保管していたからといっても、その期間が買取査定でプラスになる事はほとんどありません。熟成期間はあくまで、お酒が製造過程で寝かされていた期間を評価します。ブランデーやウイスキーなどのお酒の熟成中に樽やタンクから取り出され、商品として瓶詰めされた状態では、その後に長期間保存したとしても熟成による風味への影響は小さいです。このことから、もし不要になったブランデーやウイスキーなどのお酒があれば、長期間放置せず早めにお酒の買取業者に買い取ってもらったほうが、保管スペースを有効に活用できます。
http://xn--hdks100ydt1co2e.net/shitsumon/free.html